中古ドメインの販売サイトを知っていますか?今やどんなものもネット上で売買され、完結します。ドメインもそのうちの一つです。そしてその中でも今、市場の競争率が高いのが「中古ドメイン」なのです。

中古ドメインのフッター情報はサイトに不利?

中古ドメインを購入する際に、すでにフッターに情報が掲載されているケースがあります。サイトの運営者情報やそのサイト独自のコンテンツ、運用についてなどです。これらのポイントを中古ドメインとして購入した場合、不利に働くことがあります。

フッター内容が大幅に変わるということはサイトの内容が大きく異なるということ。情報自体があまり効果的でないということになってしまいます。過去のものとは異なるまったく新しいサイトとして認識される可能性があるので、場合によっては中古ドメインそのものの価値がないということになりかなせません。中古ドメインの恩恵をしっかりと享受するためには、過去のサイトを生かしつつ活用するのが一番というわけです。現在のグーグルではサイトの情報が大幅に入れ替わった場合、まったく新しいサイトとして判断するという傾向にあります。中古ドメイン自体に効果がないわけではありませんが、ターゲットサイトとしてサイトを運用するのはあまりおすすめできることではありません。フッターだけに限らずドメイン内のコンテンツが大幅に入れ替わるので、効果的ではないというわけです。例えば運用目的にマッチした中古ドメインならそれほど影響は受けないでしょう。

中古ドメインの運用は過去に比べて非常に難しくなってきました。今後、そのようなドメインを対象にしたアップデートやアルゴリズム変更が出てくる可能性もあります。SEOに有利だからとりあえず中古ドメインを使おうという視点は危険性も伴うので、やらないようにしてくださいね。

上手に使ってはじめて効果を発揮するアイテムなので、バックリンクとしての運用など利用方法を考えて使うようにしましょう。