中古ドメインの販売サイトを知っていますか?今やどんなものもネット上で売買され、完結します。ドメインもそのうちの一つです。そしてその中でも今、市場の競争率が高いのが「中古ドメイン」なのです。

中古ドメインと定義されたドメインは楽天ブログで有利

中古ドメインと定義されるドメインは期限が切れたドメインのことです。ドメインはサイトの住所のような役割をしていて、一定期間で更新する必要があります。しかしサイトが更新されなくなって、ドメインの更新期限が過ぎても更新されずに放置されているものがあります。これを回収し、販売している業者があります。こうした業者が扱っているのが中古ドメインです。オールドドメイン、期限切れドメインとも言います。こうした中古ドメインがなぜ取引されるのかというと、新しくサイトを立ち上げる上で有利になるデータが中古ドメインには残されているからです。
楽天ブログをはじめ、様々なブログサイトがあります。そうしたブログを始める人の中には広告収入でお金を稼ぐ目的で始める人もいるでしょう。そうした目的の場合、多くの人にブログを閲覧してもらう必要があります。そのためには検索時に上位に表示されることが大切になってきます。中古ドメインのデータの中にはドメインエイジ、他サイトからの被リンクなど、検索エンジンが優秀なサイトであると認識するデータを引き継ぐことができます。これらのデータをもとに上手にサイトを立ち上げると、新規にドメインを取得した時よりも最大で3カ月も早く上位に表示されるようになります。このアドバンテージはとても大きなものなので、多くの人が優秀な中古ドメインを求めるのです。
中古ドメインにはデメリットもあります。不正なサイトとして認識されやすくなり、削除されるリスクが高まることです。また、ペナルティを受けているドメインもあります。ペナルティを受けていると検索してもサイトが表示されなくなります。サイトを作る意味がなくなってしまうので、中古ドメインを購入するときは注意が必要です。