中古ドメインの販売サイトを知っていますか?今やどんなものもネット上で売買され、完結します。ドメインもそのうちの一つです。そしてその中でも今、市場の競争率が高いのが「中古ドメイン」なのです。

中古ドメインで注意したいlinkの分離

中古ドメインはウェブサイトの評価をいきなり上げてくれる可能性がある新しいドメインの活用方法ですが、注意して利用しないと効果が出ないばかりか、サイトの評価を下げてしまう可能性もあります。注意点の1つがlinkの分離です。linkは一般的に繋がりやすいものと考えられますが、実際にはパスの構成が手動であった場合にはCMSで対応できないこともあって切れやすいのです。linkの分離は価値を下げます。linkで重要となっているのが検索サイトで作成されるインデックスです。インデックスについては各ウェブサイトの評価をまとめたものであり、インデックスを見ればどのような評価を受けたかがわかります。評価については主にカテゴリとキーワードが注目されやすいですが、リンク構造も重要です。インデックスはリンクがつながっているからこそ引き継げます。分離してしまったインデックスは最悪消えてしまうので評価を失う危険があります。そのため、新規ウェブサイトを公開する前にパスの構造を再確認し、可能であれば手動のパスも作っておくことが必要です。パスについてはSNSでのlinkも大事です。SNSの場合、拡散力が高いのでカテゴリに合っていないパスもありますが、パスをしっかり活かすことで定期的なPVに繋がることもあります。PVについては内容が問われるようになってきており、滞在率が高い視聴者以外は意味がないと判断する方も多く、SNSでのパスも関連していないクラスタのものは捨てる方も多くなっています。ただし、SNSについては過去の記事や書き込みが再度拡散されることも多くありますので財産として引き継ぐ方がよいと考える方も少なくありません。