中古ドメインの販売サイトを知っていますか?今やどんなものもネット上で売買され、完結します。ドメインもそのうちの一つです。そしてその中でも今、市場の競争率が高いのが「中古ドメイン」なのです。

中古ドメインの販売サイトといえばここ!

ホームページを作る時に必要になるのがドメインです。ホームページに独自のドメインを割り当てたいときはドメイン事態を購入しないといけません。

そんな時に便利なのがドメインを販売しているオンラインストアです。しかし普通に購入すると結構な値段がするので、なるべく安く購入したいのなら中古ドメインをおすすめします。

中古なので普通に購入するよりもかなり安上がりです。おすすめのサイトは中古ドメイン販売屋さんで、ここはSEO対策として使えるオールドドメインを扱っています。

かなりお得なのが複数同時に購入すると割引してくれるサービスです。1度に10以上ものドメインを購入した場合商品価格から10%引きしてくれるので、まとめて購入したい時に活用するといいでしょう。

ちなみに販売中のドメインはホームページでいつでも確認できるのです。リアルタイムで更新されているので欲しいときには何時でも利用可能となっています。

通常の中古販売に加えて委託販売も行っているのです。掘り出し物を見つけたい人は覗いてみると良いです。早急にドメインを入手したい人はPay Palでの決済がいいでしょう。

どうしてかというとPay Pal(カード決済)で決済した場合リアルタイム納品を行ってくれます。銀行振込した後は約10分以内の納品をしてくれるのです。

警告ドメインの返品保証からインデックス保証まで付帯しているので、初めての利用者でも安心して購入できます。グーグルのインデックス削除ペナルティは受けていないものを扱っているのです。

これはすべて確認済みで販売しているためトラブルも心配ありません。警告ドメインはウェブマスターツールに警告が出たとき、購入より1ヶ月以内であれば返金してもらえるのです。

中古ドメインはある種の財産になる

中古ドメイン市場は、まだ決して大きくはありませんが、高額で取引される中古ドメインがあることを知っておくべきでしょう。

インターネットにおいてドメインは、住所の役割をします。今後ますます、インターネットの役割は大きくなっていきますから、誰にでも覚えやすく馴染みのある中古ドメインについては、その価値が上がることがあっても、下がることはないでしょう。

また、中古ドメインの管理には、ほとんど維持費がかかりません。いわゆる権利のようなものですから、不動産のように形があるものではありませんので、今のところ課税の対象にはなりません。もしかしたら今後、中古ドメインが財産であると評価され、課税対象になる時代が訪れるかもしれませんが、その評価は難しいので、実際に売買可能な金額よりも、限りなく低い評価額となるでしょう。

中古ドメインを資産や財産と見た場合には、やはり短いドメインというものの価値が高いです。もちろん、多少の文字数があっても、覚えやすいドメインであれば、評価は高くなりますが、URLの打ち間違いによるアクセス機会の喪失などのリスクがない分、常に短いドメインの方が、価値が高く評価されています。

あとひとつ、中古ドメインの指標となるのが、グーグルによって開発されたペイジランクという評価基準です。現在では開発したグーグル自体が、検索結果を表示するアルゴリズムから外したと言われていますが、10点満点によるドメインの評価は分かりやすく、中古ドメインの売買においては、その評価方法として健在です。あくまで参考値ですが、大手のポータルサイトのようなもののペイジランクの限界は「9」、また個人サイトでは「5」と言われています。ペイジランクによって、金額が上下します。

中古ドメインを販売している業者と直接交渉は可能か

中古ドメインを売買している企業の信憑性をしっかり学んでいくことが大事であるため、ITに詳しい人へ一度相談する内容が大切です。自社にとって重大な内容がどのような状態かを把握していきながら、長く使用が見込めるドメインを獲得していく部分が重要です。

中には期限が切れていたり、責任者の顔を見ることが難しいシチュエーションもあるため、対面販売が見込めるところから購入することが大事です。事前にリストを作成して精査するくらいの覚悟を持つ意識が大事です。

またキャンペーンを実施して販売促進を促しているところも存在するため、スパムメールとの違いを明確にさせる内容が鍵になってきます。故意にアクセス数を増やす取り組みより、実直に理解を促すほうが印象がよくなるため、運営をする場合は慎重に行動することが大事です。

豊富なコンテンツが存在している今、確実に中身を理解してくれる販売店とコンタクトをとることが肝心になってきます。ゆえに業者と直接交渉をする場合は、第一に接触が可能であるかを逐一見ておくことが必要です。中古ドメインにおいては、キーワード上位に来るものが高値で取引される傾向にあるので、ビジネスを成功へ導く要素をしっかり確認する部分も大切なのです。粋な組み合わせのドメインは、異業種から感心される傾向にあるため、新しいドメインに携わる機会があるその日まで考えておくことも必要です。導入初期では中古ドメインで十分な側面があり、とりあえずITの世界へ浸ってみることが大事です。

キーワードとなる用語を知るには、中古ドメインを適切に扱っている企業のホームページを参照することが大切になってきます。前を向いて信じられるかがコツです。